解説者の戸田氏が、イラク戦後にブログで守備の課題を厳しく指摘

バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、13日のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選イラク戦で序盤にFW大迫勇也のゴールで先制するも、
後半に自陣ゴール前での連係ミスから同点弾を許し、1-1の引き分けに終わった。勝ち点1を積み上げ、6大会連続となるW杯出場権獲得に王手をかけたが、

元日本代表で2002年日韓W杯に出場した解説者の戸田和幸氏は、自身のブログで冷静な分析を交えながら守備の課題を厳しく指摘。
さらに失点場面についても、「吉田がGKに任せずクリアすべきだった」と一刀両断している。

4-2-3-1システムで臨んだ日本は、ダブルボランチにMF遠藤航とMF井手口陽介を抜擢。最終予選で初スタメンというリオデジャネイロ五輪代表コンビを送り出した。
そして、この日が31歳の誕生日だったMF本田圭佑にキャプテンマークを託し、右ウイングに起用した。

前半8分、本田の右CKから大迫勇也がヘディングで合わせて幸先良く先制。しかし後半に入るとイラクが攻勢を仕掛け、同27分には自陣エリア手前から中央突破を許し、
DF吉田麻也とGK川島永嗣の連携ミスから、こぼれ球をカミルに押し込まれて1-1の同点に追いつかれ、そのまま試合は終了した。

この一戦を、「しかしながらやはり守備は難しい。まずは明確なコンセプトがあり、その上でフィジカル的にも強い対応をグループとして連続して行って
初めてボールは奪えるという事が良く分かる試合でした」と振り返ったのは、現役時代に日本代表として活躍した戸田氏だ。

清水エスパルスを皮切りに、プレミアリーグのトットナムやオランダのADOデンハーグを経て、東京ヴェルディやサンフレッチェ広島などを渡り歩き、
韓国の慶南FCでもプレー。2002年日韓W杯では、赤く染めたモヒカンで注目を集め、ボランチとして4試合にフル出場し、16強進出に貢献した。13年に引退後は、見聞を広めつつ解説者として活躍している。

現役時代はハードな守備を信条とし、“潰し屋”としてW杯の舞台に立った男の眼に、ハリルジャパンの戦いぶりはどう映ったのだろうか。

フットボールZONE 6/14(水) 11:55
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170614-00010013-soccermzw-socc

2017/06/14(水) 12:36:37.73
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1497411397/

コメント一覧
誰でもそう思う
潰し屋がいっぱいいたから誰かと思ったら
吉田がクリアすべきだったとは思うけど、それは能力が低い川島だったから
プレミアのレベルが高いGKなら普通に処理してただろうしな
潰し屋でなく髪を赤くしただけだろ
選手としてはそれほど印象はない
誕生日だから何かあるってテレビで解説のアホ2人。
川島がやっちまったな。
よりによってカミルがいる方にこぼしたからな
目の前に川島がいれば,やはり任せるだろ
責めるならゴールキーパのほうじゃないかな
ここの人たちは試合直後に吉田擁護して川島叩いてる奴多かったな
どう見てもポロリした川島が悪い