三ツ星ベルトは28日、中国での生産拠点である江蘇省の工場を拡充すると発表した。投資額は建屋のみで約5億円を見込み、別途設備を導入する。2016年4月の完成を目指し、今月10日に起工式を開いた。本格稼働は16年7月になる見通し。自動車向けなどで増加しているベルトへの需要に対応する。

 三ツ星ベルトの江蘇省の工場は、三井物産との共同出資で05年に操業を開始した。自動車向けベルトなどを生産。当初の生産能力は年1100万本だった。その後、中国の国内向け需要が増加したのを受けて、今回の工場拡充に踏み切ったとみられる。