ブラインド・ガーディアンで一番オキニの曲がこれ。

「Lost in the Twilight Hall」です。

 

3作目にあたるアルバム「Tales From Twilight World」に収録されてます。

ブラガのマイ・フェイバリット・アルバム。

 

盟友のカイ・ハンセン(ガンマレイ)がゲストで参加してます。

この曲では、カイなしの方が良かった気もするけど。

適当に歌ってる感じがする(汗)

 

名曲と言われる曲に、ゲストがボーカルとして参加してることに、

少し違和感を感じる。

がしかし、イイものはイイ。ので気にしない事にしましょ(フフ)

 

「Lost in the Twilight Hall」に限らず、この頃のブラガは、

メロディック・パワーメタルをプレイしている。

 

スラッシュメタル+哀愁のメロディ+サビでの大合唱

+ハンズィ・キアシュの野性的なボーカル=Lost in the Twilight Hall

となります。

 

聴きどころは、サビの大合唱とソロかな。

このサビ、ライブで一緒に歌いたい。

と思ったのは、私だけじゃないはず。

 

ソロのツインギターの絡みは、是非とも聴いてもらいたい。

たくさんの人に。

ヘヴィメタル聴かない人にも。

 

ブラガの男気溢れるパワーメタルからは、

バイキングメタルにも通じる熱さを感じる。

熱すぎるぜぃ。

 

Lost in the Twilight Hallの視聴