どさんこカメラがミュンヘンクリスマス市に行ってきたよ。

f:id:tamayoshi:20151220125345j:plain

すっかり札幌の冬のイベントとして定着したミュンヘンクリスマス市。

まさか14周年にまでなってるとはね。

 

ミュンヘンってどこ?

ミュンヘンはドイツにある街だよ。

ミュンヘンが札幌の姉妹都市になってるからこのイベントができたんだって。

姉妹都市になった理由は、サッポロもドイツも「ビールの街」であること、

あと「人口や気候が似てる」ことらしいよ。

札幌は人口が190万人で、「200万都市」なんて言われ始めてるけど、

ミュンヘンは人口がおよそ140万人で、「100万人の村」って愛称がついてるんだって。

1972年のオリンピック開催地に札幌(冬季)とミュンヘン(夏季)が選ばれたっていうのが大きな理由だけどね。

あ、でもさ、ミュンヘンでオリンピックといえば

ミュンヘンオリンピックで起きた悲劇「黒い九月事件」を連想してしまうよ・・。

ミュンヘン [DVD]

オリンピックというイベントがら起こった惨事だけど、ミュンヘン自体は犯罪率が低くて平和な街なんだって。

 

白ビールや白いソーセージ「ヴァイスブルスト」が有名。

雪も降るんだってさ。

 

 飲んだり買ったりできるよ。

ミュンヘンクリスマス市はグッズ販売とフード屋台にわかれてるよ。

 

クリスマスのオーナメントは外国製のものもあるからちょっとおもしろいかも。

これはクリッペっていう窓を飾るレースのお店。全部ドイツ製だって。

f:id:tamayoshi:20151220130636j:plain

あとトナカイの毛皮とか絨毯も売ってたよ。

以前はサンタってだけでどこにでもあるようなものが多かった印象だったんだけど、

久しぶりに行ったからお店もだいぶ変わっている様に感じたよ。

 

屋台はドイツってことで、メインはソーセージやお肉。

そしてドイツビール。

f:id:tamayoshi:20151220130259j:plain

飲み物は定番ホットワイン。ほとんどアルコールは飛んでいたけど・・

パエリヤ、イベリコ豚のハム、鶏肉、牛肉サンド。あれ、スペインぽい。

f:id:tamayoshi:20151220130429j:plain

巨大パエリヤ鍋。外国人のおじさんが作ってると、よりおいしそうに見える・・

 

購入後は各々テーブルに持ち帰って食べるんだけど、

あたたかいテントの中は満員。外のテーブルで寒さに震えながら肉たちを堪能します。

あたりまえだけど、ミュンヘンクリスマス市は寒い。

しっかり着こんで来てね。

 

f:id:tamayoshi:20151220130043j:plain

クリスマス市は11時から開催してるんだけど、行くならやっぱり夜。

オーナメントに興味のない人も、夜ならきっとキレイだと感じるはず。

イルミネーションもあるしね。

f:id:tamayoshi:20151220140511j:plain

 

 

f:id:tamayoshi:20151220130541j:plain

 

今年のいちばん

 

いちばんおいしかったのは、白いソーセージ「ヴァイスブルスト」

ミュンヘン名物じゃないか。うま!

f:id:tamayoshi:20151220130835j:plain

ソーセージのおいしさイメージって、皮はパリッと!って感じたけど、ヴァイスブルストの皮は柔らかめ。本物の腸です!って食感だよ。

かじると中が出てきちゃうくらいの柔らかさ。とってもジューシー。香味料の香りがかすかにします。

本場ミュンヘンでは甘いマスタードとプレッツエルと一緒に食べるんだって。

 

来年も見つけたらぜひ食べたいなぁ。

 

www.reddit.com

 

こんにちは!キャンドルさん(@candlesandayoです。

実は2週間ほど前に、人生2回目の出産を終えました。

 

f:id:Candlesan:20170401225901j:image

 

感想は…

 

新生児かわいすぎぃぃぃぃ〜〜〜!です。

 

2人目ともなると、育児に余裕もできてくるからかよりいっそう楽しいです^^

でもこの精神的な安定は、助産院で産んだことが自信になっているといっても過言ではありません!

 

ぜひ助産院での出産を考えていない方にもこの記事を読んで、少しでも選択肢に入れていただけたらと思います。

 

1人目のときの出産はとにかく不安だった

 

長男のときは、産婦人科病院で出産しました。

ドラマの影響もあったり、親戚の方もみんな病院で産んでいたので

出産=病院

という方程式が自分の中で当たり前に浮かんでいました。ですので、それ以外の場所で産むという発想もありませんでした。

旦那さんが産まれた病院でもあるから、安心!安心!くらいに。笑

もちろん、お医者さんが常勤しているので、安心にこしたことはないのですが。

私にとっては、助産院と比べると、産婦人科ではもういいかな…というのが正直なところでした。

 

 

私が感じた産婦人科病院のデメリット(個人病院なので産婦人科病院全般には当てはまらないと思います。参考程度に)

  • 予約をしても毎回の検診は2時間以上も待つこと
  • 2人目以降の出産だと子連れで検診にいくのは疲労困憊すること(じっと座って待って入れたら大丈夫だと思いますが、なにしろ長いし、混んでて狭かったので、大変そうでした)
  • 区役所から発行された母子手帳に付属している補助券(4800円〜12000円)を使っても毎回数千円、時には万単位で支払いがあること
  • 分娩費用がとても高かったこと
  • 受け持っている妊婦さんが多いからエコーも満足に見れないこと(ちゃんと内臓があるかとか、赤ちゃんの大きさとか図りますが、母親としては顔とかじっくりみたいじゃないですか;;)
  • 看護師さんがそっけないこと(忙しいからね…まあ人にもよりますw)
  • 子宮口10センチ開くまで陣痛部屋で放置されること(1日に何人も産まれるので1人についてられない。私のときは私を入れて3人陣痛部屋にいました)
  • 会陰切開をすること
  • 分娩台の上で産むこと
  • 立会い人は旦那さんのみ
  • 産んだらすぐに赤ちゃんを助産師さんが連れて行ってしまうこと
  • お見舞いは大人の身内のみ(友達NG 小さい子どもNG)
  • 入院中のが飯がおいしくなかったところw
  • 助産師さんと深く関われないこと(一緒にお産をしても、誰だっけ?となる)
  • 産後のケアがないこと(1ヶ月検診のみ)

 

私が助産院で出産しようと決めるまで

私が出産した助産院は、院長1名と助産師3名のところです。中はとても綺麗で、お部屋は和室が3部屋と洋室2部屋でした。

私が助産院での出産を決めたのは妊娠32週で、転院できる週数ギリギリでした!!

(これ以上経っていたら、転院はできないみたいです)

 

〜きっかけは、同じ保育園に通っているお母さんの一言〜

「助産院での出産はお金安かったよ」

お金がなかった私はまずそこに食いつきましたw

 

さっそく助産院に見学をしに行き、助産院についての説明や、いざ危険な状態になったときはどの病院に運ばれるかなど聞きました。

なによりも助産師さんの「いのち」に対する真摯な姿勢にわたしは心を打たれ、

「ここで産みたい!」

という気持ちになりました。

 

それは、誰よりも子どものいのちを想っている母親と同じくらいに、またはそれ以上に大切にしている人のところで産みたいって思ったからです。

 

上記にあげたデメリットを感じていたのにもかかわらず、長男と同じ産婦人科病院でなんの疑いもなく当然のように次男も産もうとしていた私。

この時初めて、自分には選択する自由があるんだ!!ということを知りました。

 

出産は病気じゃないから、病院で処置を行う必要もない。

生命が誕生してから今まで一度も絶やすことなくいのちが繋がれてきて、それは自然に行われてきたこと。

だから本来は助産師さんがほんの少し協力することで、叶うことなのだ、と。

 

産婦人科病院のときには感じていなかった主体性を取り戻した瞬間でした。

「私がこのお腹に宿っている命をこの世に繋ぐんだ」という使命感のような輝きに身を纏われた気分でした。

 
私が感じた助産院の良かったところ
  • エコーを毎回丁寧に見てくれて、「あ、今指しゃぶりしてるよ〜」とか教えてくれたり、赤ちゃんならではのかわいい仕草に一緒に笑ったりできたところ
  • 出産に関わる質問からどうでもいい雑談まで気軽にできるところ
  • 検診費用は補助券を使用し、毎回300円、後半はお腹の張りをたまに見たのでその時は2000円かかるがとても安かったところ
  • 自宅出産、立ち会い出産、子連れ入院、早期退院など柔軟に対応してくれるところ(私は旦那さんと実母に立会いしてもらい、和室で産みました)
  • 陣痛から子宮口が全開になるまでもずっと助産師さんが付き添って腰をさすってくれたところ
  • 好きな体勢で産めるところ(四つん這いで産みました)
  • 産んだ直後にへその緒が繋がったまま抱っこできたところ
  • へその緒を旦那さんが切ったところ
  • 授乳の練習にたくさん付き添ってくれたところ
  • ご飯がめちゃくちゃ美味しかったところ(すべて助産師さんの手作り…‼︎)
  • 産後1ヶ月以内だったら母乳外来の相談いくらでも無料でみてくれるところ「困ったことがあったらいつでも電話してねー^^」って感じ。

など、あげればキリがないくらい素敵なところでした。

 

ただ、これも妊娠中や出産時になんの問題もなかったから出来たこと。

急遽帝王切開が必要になったり、36週未満の出産になったりなど、助産院で対応できない場合は、提携先の総合病院に運ばれていたはずです。

 

今回助産院で出産してくつがえった感情は、

お産って気持ちいい…!!

ってこと。

 

自然に産めたこともそうだし、陣痛も赤ちゃんが産道をゆっくり降りてきて産まれる準備をしているんだということもわかり、痛みを存分に楽しんだという感覚がありました^^

 

1人目産んだ後は、出産痛いよーをひたすらアピールしてましたがw

 

いまの私が妊婦さんに伝えるとしたら、

「妊娠も出産も最高に楽しいよ」

ってことを伝えたいです♡

 

 

20170624171233

夏といえば麦茶ですが、我が家は1年中麦茶を飲んでいます。

 

麦茶にしている理由は、カフェインゼロなことと、飲みやすいことです。いつから麦茶生活を始めたのかは正確に覚えていないのですが、おそらく5年以上前から麦茶を飲んでいるような気がします。

 

スポンサーリンク

 

我が家の麦茶の作り方

麦茶の作り方は、水だし、煮出誌などありますが、我が家では耐熱ガラスポットに麦茶のティーバッグをいれて、熱湯を注ぐだけのとっても簡単な方法です。

 

耐熱ポットは3つ用意していて、1日に2つ分は麦茶を作っています。ティーバッグで麦茶を作るほうがコスト面でも安く済ませられます。水道水から麦茶を作ると雑菌が繁殖しやすくなるので、熱湯にしています。煮だすのはちょっと面倒なので、やっていません。

 

耐熱ガラスポットは、HARIO耐熱ガラス冷蔵庫ポット 1400mlを使用しています。

食洗器も使えて、冷蔵庫のドアポケットにもすっきり入るので、暑い夏は冷めてから冷蔵庫に入れて冷たい麦茶を愉しんでいます。

 

【日本製】 ハリオ HARIO 耐熱ガラス 冷蔵庫ポット 1400ml RPLN-14-OW【麦茶ポット】


入り口も広めなので仲間で洗いやすく、耐熱ガラスだから匂いが移ったりしないのもうれしいところです。取っ手がついているので、熱湯を入れた後に熱いまま麦茶を飲みたいときにも注ぎやすくて便利です^^

 

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

・【雨の日のストレスを減らす】レインブーツで雨の日でも快適に外出。 - ひつじ日和

・献立を考えなくていい!オイシックスの「KitOisix、ジューシーそぼろと野菜のビビンバ」を試してみました! - ひつじ日和

・少ない服で暮らすなら、ベーシックな色とデザインの服をそろえたほうがいい理由。 - ひつじ日和

・布団、毛布、服などの布物は家で洗濯できるものにしてクリーニング代節約。気軽に清潔さをキープできます。 - ひつじ日和

・【ダイソー】掃除用歯ブラシは使い捨て。ダイソーの「歯磨き粉付き歯ブラシ」は掃除に最適。 - ひつじ日和

 

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

富士山ご当地アイドル3776(みななろ)の2014年4月の活動のざっくりしたまとめです。

【主な出来事】

・初の60分ライブ

・ジモドルフェスタ

 

togetter.com

 三ツ星ベルトは28日、中国での生産拠点である江蘇省の工場を拡充すると発表した。投資額は建屋のみで約5億円を見込み、別途設備を導入する。2016年4月の完成を目指し、今月10日に起工式を開いた。本格稼働は16年7月になる見通し。自動車向けなどで増加しているベルトへの需要に対応する。

 三ツ星ベルトの江蘇省の工場は、三井物産との共同出資で05年に操業を開始した。自動車向けベルトなどを生産。当初の生産能力は年1100万本だった。その後、中国の国内向け需要が増加したのを受けて、今回の工場拡充に踏み切ったとみられる。

 

スレより。

f:id:ninosan:20170530124256p:plain

解析班仕事早いね。

今日から花嫁ガチャであるが、どうもピンと来ない(全員青と灰の歩行だし)ので見送ることにした。とりあえず今日で外伝とミッション追加、そして6月ミッション開始なのでしばらくはスタミナ消費できそうであるが、とにかく引きたくなるガチャ用意してくれないと困るのである。

というか、こんなにスタミナ余るゲームも珍しいな……。

過剰さ

2018/04/09

f:id:boundary-line:20161229150718j:image

 何事もほどほどにやっていたら、何もつかめないんじゃないかというのは、ある種の焦りかもしれない。

 過剰な思い入れ、熱中、偏愛、どうしても時間を使ってしまうこと。そういう過剰さを2017年のテーマにしたいくらい、今は過剰さという言葉が気に入っている。

 どんなことも初心者のうちは、力加減が分からない。だから遊びでやるのも結構だと思う。

 でも、タモリさんの名言「真剣にやれよ!仕事じゃねぇんだぞ!」は至言だと思う。そういう暑苦しい楽しみ方もあることを知っているだけで、モノの見え方が違ってくると思う。

 

一流じゃなくても

 自分の周りでは、過剰になれない人を見かけるが、そういう人から受ける印象は、①過剰になれるものが見つかっていないか、②どうせ頑張っても一流にはなれないというあきらめが最初から強い、というもの。

 一流の作品でなければという志を持つのは尊い。しかし、三流の作品しかできないと分かっていても、胸を張って三流のモノを出せるのも、やっぱり尊いんじゃないか。

 三流じゃ恥ずかしいから、モノを出さないとか、そもそも作品をつくらないとか、それでは何も手が付けられなくなってしまう。

 一流であるに越したことはないが、三流でも今の自分にできることはここまでだと出し切ること、そして次はより良いモノをつくるぞという気持ちを持つことが、大事だと思う。

 

おわりに

 全体が良く見えている状態で、目標に向かって真っすぐに進むということが、評価されやすい。

 しかし、趣味のこととなると、「それをやってどうなるの?プロにでもなるの?」と、ゴールも見えないし、小さな目標ですら掲げにくかったりする。

 視野が狭くなると、気づけば寄り道ということも多いかもしれない。

 でも、効率と早さを目指すのは経済活動だけで十分だ。人生は深さと成長を目指したい。そのための熱中であり、過剰さ。

 あなたは2017年、何を過剰にしたいですか?

2月5日 フリージアとショコラ@nest

 
 定期的に行われてるイベントのフリージアとショコラ、今回はバレンタインスペシャルということで、全国各地で(まあほとんど東京ですが)2週間ほどの期間に集中的にイベントが行われました。で、そのうちの一回に参戦。
 

POLTA

 やや渋谷系寄りの軽やかなポップミュージックを奏でるバンド。つうかギターボーカル尾苗愛じゃないか!昔買ったコンピに収録されてたこの人の曲が好きだったんだよなあ。ってそれはおいといて、うーん、なんだろパフォーマンスも曲も過不足のない感じというかあまりハッとさせられる部分がない気がする。もう少しキラキラしててもいいような。
 

おおのゆりこ

 オルタナ系ポップの香りのする人で静かな佇まいがちょっといい感じ。最近こういうひっそりとしたポップミュージックやるアーティスト多いなあ。悪くはないけど聴く環境を激しく選ぶ気がする。
 

さユり

 ポンチョを着て大きなアコギを持ってる女の子とガスマスクつけたキーボード(男:サポート)が登場。なかなかの違和感(笑)。
 で、 高校行くのが嫌いで曲を作る、高校行かなくなり中退、昔は自虐的な曲ばかり書いていた、というMCから想像されるまんまのアーティスト。今だと大森靖子と比較されがちなこのタイプですが、メロディもよく、声を含めたパフォーマンスもかなりエモーショナルでいい感じ。全体的にちょっと危うさ(というか気恥ずかしさ)もありますが、今のところはもっと見たい!な興味が勝ってる。ワンマンライブがあるらしいんですが(もう終わった?)、他のライブとかぶってなければ行ってみたかったレベル。
 

藤岡みなみ&ザ・モローンズ

 基本的な路線は渋谷系ポップなんですが、ある意味臆面もなく過去のポピュラーミュージックを引用した演奏が非常に力強くて魅力的。藤岡みなみを初めとするメンバーの明るいキャラもプラスに作用してる。そこらへん含めて全体的なキラキラ感がたまりません。
  で、今度のワンマンソールドアウトかよ!買い逃しちまったよ!
 

斉藤麻里

 トリは知らない人だったんですが、けっこう大きな所でワンマンやってたりと人気のある人のよう(失礼)。ある程度年齢のいった(これまた失礼)女性アーティスト特有?のなぜにその服?色味の変なブラウスちっくな衣装がまず目を引きますが(笑)、唄は実力派というか本格的なアーティスト然としてる。ただまあ、少し拳に力のこもった力強いポップソングは個人的にちょい苦手。ただパフォーマンスがしっかりしてるので飽きることがなかったのでよかった。
 
ということで相変わらず女性ボーカルばっか聴きに行ってますが(笑)、今回もよかった。